スマートフォンの今後と期待すること

スマートフォンが前年度に比べ2012年、普及率が倍増しました。
今後もこの勢いは止まらないでしょう。
それではスマートフォンは今後どのようになってくるのでしょうか。
ここ日本では世界に比べてスマートフォンの普及が遅れています。
広く世界を見ると過半数がスマートフォンユーザーである国もあるのです。
携帯電話よりもスマートフォン、重たいノートパソコンよりもウルトラブックやモバイルノートパソコン、そしてiPad、データでの保存ではなくクラウド、このようにWEBは変わってきています。
更にはメールや電話よりも現在重宝されているのはSkypeやFacebook、そして簡易的であればTwitter。
スマートフォンも電話でありながらそれ以外の利用法がたくさんあり、既に電話として標準搭載されている通話機能よりもアプリを利用した通話機能が通話料金もかかることなく自在に電話が出来るとして重宝されている時代です。
今まで電話を利用するにはフリーダイヤル以外通話料金がかかるというのは当然のことでした。
その概念が今、消えつつあるのです。
現在販売されているスマートフォンが完全な形ではありません。
現行のスマートフォンの魅力は豊富なアプリケーションやタッチパネルの操作性が大きいでしょう。
それでは今後期待されることは何でしょうか。
利用するアプリケーションによってはバッテリーの消費が非常に激しい場合もあります。
そのためバッテリーの耐久性は重要課題となるでしょう。
さらに携帯電話やフィーチャーフォンで便利に利用できたサービスが出来ない点についても改善が期待されます。
例えば、NTTdocomoのおサイフケータイの機能、これは非常に利用者の多いサービスとして知られていますし、本体の小型化もスマートフォンでは現行されていないという現状があります。


Copyright (C)2017スマホユーザーに聞きました!今欲しい機能いろいろ.All rights reserved.